カラコンの粗悪品とは?

カラコンを購入する際に気になるのが粗悪品かどうかですよね。
この粗悪品かどうかは、装着してみないとわからないことがほとんどです。
見てすぐにわかるほどの変形、汚れがあればつけずに済むのですが残念ながらそうもいきません。
ですが粗悪品をつけてしまって、気付いたら目に傷がついていたなんて冗談じゃないですよね。
大事なのは粗悪品を選ばないことです。
しかし粗悪品かどうかなんてパッケージからはわかりませんので、ここは
やはり値段などを考慮して決めたいもの。
またそのカラコンが有名なものかどうかも考えておきたいですね。
粗悪品はやはり製造工程で手抜きがあるので粗悪品となるのです。
そういった商品は特に値段が安くなっていることが多々なので、無名なブランドで
安いカラコンは怪しいと思っておきましょう。
また一番危険なのは、商品に高度管理医療機器の記載がない場合です。
カラコンは高度管理医療機器とされています。
この記載がない場合は安全な方法で作られているかどうかわからないので、
やめておきましょう。

Comments are closed.