英会話の発音は流暢だとかっこいい

英会話
高校の時、英語の発音がとても流暢なクラスメイトがいました。教科書を読むととてもスムーズで「かっこいい」と思いました。先生も教科書を読むときはいつもその生徒を指しました。教科書を読むのは授業の終わりの方で、終わりの時間につっかえ、つっかえ読まれるより、スムーズに読んでもらって時間内に終われますし、みんなにもいい発音を聞かせたかったからだと思います。どうしたら、あのようにかっこよく読めるんだろうか。その子に聞いてみましたところ、家で練習しているし、英会話もやっているようでした。単語の暗記や文章解釈は学校の授業で賄えますが、やはり、発音や会話は英会話をやっている人といない人ではどうしてもやっている人の方が感覚的にいい発音になっていくんだろうなと思いまして、私もなんとか外国人の方と英会話ができないだろうか、と考えました。そこで、近所の短期大学で英語を指導している外国人の方を見つけまして、個人レッスンをしばらくお願い致しました。その方の家へ行って、1時間~2時間くらい英語を教えて頂きます。ピンポンを押すと、「Como in」(カモイン)と言って下さり、初めからネイティブの英語、ネイティブの文化だと感動しました。それから、聞き取りにくい発音「I 」と「I’ll」のポイントなどを教えて頂きました。ヒヤリングももちろんですが、外国の方と1,2時間話しているうちに「この言葉」は「このような状況の時に使う」などの感覚も分かってきてとても有意義だったと思います。外国の方に教わることにより、文化の感じも味わえてよかったです。

代々木上原 おすすめエステサロン

Comments are closed.